2014年12月15日

「闇討ち選挙」の意味




衆議院選挙もようやく、というかあっという間に終わってしまった。ぼくは選挙が始まる前は「国民は騙されることがわかっていて騙されているふりをしている」と思っていたが、結果をみると、どうやら本気で騙されているような結果になっている。「アベノミクス」が選挙の争点になったことである。まんまと安倍首相の思うつぼになってしまった。もっとも、投票率が戦後最低ということから、騙されていることをわかっていて無視したとも考えられるが・・・。

 それにしても、この「闇討ち」のような選挙に野党の対応は惨めなものだったという印象は否めない。投票率の低さに関係のない共産党は別として、野党は件並みその存在感のなさを露わにしてしまった。特に第一党の民主党の、議席は伸びたものの党首が落選という結果は、支持するしないは別として哀れささえも誘うものであった。この惨めな結果は、「独裁」に向かっている日本の今の政治状況を正確に表している。

 安倍首相は、今回の選挙の意味を尋ねられて、60年安保時の祖父である岸信介首相の反省を参考にしたと述べている。60年安保が日本を揺るがせた大騒動になってしまったのは、ひとえに安保に対する国民の信を問わなかったことによる、安保条約を改定する前に総選挙をやっておけばあれほどの大騒動にはならなかったというのがその反省である。これを聞いてなるほどと思ったと同時に、安倍首相は普段の態度から伺えない国民を恐れているなということを感じた。政治家としての動物的な勘のようなものであろう。

 「国民を恐れている」という感性が優れているということは、政治家としては優れた感性を持っているといえるが、国民の側からみるとある意味恐ろしいことである。国民を懐柔することも含めて、国民に対して何でもやるからである。今度の「闇討ち」の選挙は、国民が「アベノミクス」に対してそろそろ批判めいた感覚を持ち始めた矢先に、先手を打ったのである。国民も野党もあっけにとられているうちに、国会での絶対多数を確かにしてしまった。多くの傑出した政治家(多くは独裁だが)のよくやる手であり、気が付いた時には、手も足も出ない状況になってしまう。それが優れた(通常とは逆の意味だが)政治家の優れた政治家たる由縁である。

 今回の選挙は国民も野党も、安倍首相にまんまと一杯食わされてしまった。ただ見方を変えれば、2年後の任期を待たずに国民も野党も、早めに眠りから覚めたとも云えるだろう。その意味では600億もの国費を使った「闇討ち」にも意味があるだろう、覚醒すればの話だが。

tyle="color:#FF0000;">ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 




 
 
posted by 阿Q at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

政治・・・目先と未来




 いつのまにか参議院選挙の季節になってしまったが、政党党首の選挙演説を聞いていてどこか上ついた感じがするのは否めない。なぜだろうといつも考えるのだが、要するにここ何十年かパターンが一緒なのだ。本気で日本の社会構造を変える気があるのか、それが伝わってこないのだ。決まり切った言葉、使い古した言葉しか聞こえてこない。ある党首は国民は目先の経済だけで動くと決めつけているし、反対する党首はその土俵でしか反対する言葉を持っていない。

 日本の社会構造を変えなければならないことは、国民を含めて皆思っているはずである。まず少子高齢化の問題、誰もこの問題を避けることは出来ないことはわかっているはずである。わかってはいるが、目先のことしか考えないから政党もほとんど考えない。次にグローバリゼーションの問題、国を開くとはどういうことか、日本の産業はどのように対応したらよいのか、教育はどうするのか等々、議論することはたくさんある。緊急に意見を集約する必要がある。そして日本の統治機構の問題、官僚は安倍内閣になってから特に沈黙を守っているが、本当に政治主導になっているのか、地方の衰退が叫ばれているが地方の自治体はどうあるべきか等、ざっと挙げてみてもすぐ思いだす大きな問題が山積している。

 党首の選挙演説を聞いていて、上っ面の言葉しか出てこないのは、政党だけのこととは思えない。党首に上っ面の言葉しか吐かせないのは、われわれ国民の問題もあるだろう。いや国民の問題の方が大きいのかも知れない。「国民の器量の範囲内でしか政治家は育たない」という意味の言葉があるが、まさに今はそういう問題かも知れない。

 確かK・マルクスだったと思うが「未来を語るのは犯罪的だ」という意味のことを書いていた。マルクスによれば未来は切り開くものであって語ることは出来ないということなのだろうが、そうだろうか。どういう未来をわれわれは欲望しているのか、どういう社会になって欲しいのか、今、必要なのはそういう問いではないのか。

 未来に対する想像力が極端に貧しくなっているような気がする。目先の問いしか政党も国民も考えていないのが現実ではないか。確かに現実は厳しい。今日のご飯が食べられない時に明日のことは考えられない。多くの国民はそういう現実の中にある。そうやって今まで何十年かやってきた日本だが、もう今は限界である。未来を考えざるを得ない時期にきているように思う。むしろ限界状況を突破するためには、高度経済成長で蓄えたものを吐き出す、そしてそのことで未来を考える準備をする、という考えがあっても良いのではないか。

 いずれにせよ、政治というものを政党政治だけに考えるのもまた限界にきているように思う。党首の演説のつまらなさ、想像力のなさ、パターン化は極限まできている。少しも有権者の胸を打たない。それは政党が政治というものを一方通行でしか考えていないからだ。政党は国民の目先のニーズしか考えておらず、国民は政党に目先のニーズしか期待しない。そういう政治からは未来の社会を描くことは難しい。今求められているのは、選挙の時だけではない、政治家と国民の真剣な議論である。ここでいう政治家とは議員とは限らない、政治を真剣に考えている人である。むしろ議員はオミットした方が良いのかもしれない。それが本当の政治だろうと思う。

ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ 



posted by 阿Q at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

新年にあたって




新年明けましておめでとうございます。

 今年の正月はどちらかと言えば静かに過ぎたという印象である。TVは相変わらず芸能人やスポーツ選手の馬鹿騒ぎに終始しているけれども例年に比べれば静かな方で、新聞も大仰な見出しや記事は少ないような感じである。これを日本の衰弱の反映とみるか静かな決意の反映とみるかは微妙だが、ぼくは後者だと考えたい。今の日本に必要なのは、政府やマスコミの声高の呼びかけでは無くて一人一人の静かな決意なのかも知れないなどと考えているからだ。

 本ブログも表層の賑やかな動きに捉われることなく、地下のマグマのように静かだが大きく動ているものを捕まえるようにしたいと考えています。今年もよろしくお願いします。

<ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ 




 
posted by 阿Q at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。