2016年06月01日

隷属のなかの労働・・・シモーヌ・ヴェイユの「工場日記」から




毎日新聞の6月1日の「読書日記」に、作家 津村久子がシモーヌ・ヴェイユの「工場日記」についての書評が載った。以前から気になっていたこの本について、津村は「わからないだろうな」という感想を綴っている。

 「わからないだろうな」という感想は、シモーヌ・ヴェイユが身をもって体験した工場での労働体験を「いい大学を出て世間的に見ていい条件の会社で働いたり、いいと思われる仕事をしていたり、自分が得意なことで仕事をしている人、賢い人」には「わからない」だろうという津村の実感のことである。

 以前、吉本隆明の書評でこの本を知ったが、その時は本当になぜこの本がすごいのかは「わからなかった」。今津村の紹介で再びヴェイユのこの本を読んでみると、労働の、つまり働くことの過酷さ、屈従、その奴隷のような体験があらためて身につまされる。1930年代の工場と現代の社会で働くことの違いは、特に肉体的な面での軽重はもちろんあるが、ヴェイユがこの本で何度も述べていることは、人間の尊厳のことである。津村が引用しているように「重要な事実は、苦しみではなく、屈辱である」という奴隷にも似た労働による屈辱である。

 現代の労働、精神労働にせよ肉体労働にせよ、人間の尊厳にかかわることはどこまで意識されているだろうか。冒頭の一部の人々には「わからない」ような労働の環境で働いている人は多いとぼくは見ている。特に日本のいわゆる「おもてなし」文化と言われているある意味、他人に対して自己を押し殺す、そしてそれを賞賛する「文化」を背景にしたサービス業などに従事している人々は、人間の尊厳に対してどう思っているのだろうか。一部の人には「わからない」さまざまな人々の尊厳を奪われたさまざまな労働に就いているひと、非正規の労働者などには、人間の尊厳といった言葉さえどこか宇宙の果てにぷかぷか浮いているような実体のない言葉に等しいのではなかろうか。

 シモーヌ・ヴェイユのこの「工場日記」が重要だと思えるのはしかし、工場が、労働が「人間の尊厳」を奪っているということ、またそのことを一部の人には「わからない」というだけではない。津村が引用している「食べるために働き、働くために食べ・・・(中略)サイクルこそ、真実が含まれている」や、この本のところどころでピカりと光を放つ言葉、例えば「こういう中にあっては、一つの微笑、一言のやさしい言葉、ほんのわずかな人間的なふれ合いでも多かれ少なかれ特権を持った人間の中のもっとも献身的な友情より、もっと価値がある」、「苦しみのなかで、ゆっくりとではあるけれど、隷属状態にありながら自分の人間的な尊厳の感情をとりもどしてきた・・・(中略)それは、自分がどんなものにも権利を持たないこと、苦しみとはずかしめからまぬがれている一瞬一瞬は、いわば恩寵のようなもの、多くの幸運から生じた一つの結果のようなものとして受け取るべきだという意識」などである。

 こういう人間駅なふれ合いは「そういう心は少ない。ほんとうに少ない、たいていの場合、仲間どうしの関係すらも、この内部を支配している冷酷さを反映している」とヴェイユは冷静に述べる。労働は決して仕事がきついだけではない。そこにあらわれる人間的なふれ合いがない限り人間の尊厳を保持することは出来ない、しかしながらどういう状況にあっても、その可能性は今は低いけれども、人間的なふれ合いがある限り隷属状態から解放される可能性がある、とヴェイユは言っているようである。それは「食べるために働き、働くために食べる」厳しい労働のサイクルの中にある一瞬の真実であり、そういう真実を前にしては「政治なんて、ろくでもない冗談ごとのようにみえる」のである。

ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 





posted by 阿Q at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438516470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック