2016年03月31日

「グロテスクな日本」




 「グロテスクな日本」とは、桐野夏生の小説「バカラ」を中心とした毎日新聞(夕刊)の文芸時評の表題である。(新聞の見出しは、「現在」の危機 グロテスクな日本の姿)

 今の日本を評して「グロテスク」と捉えることには違和感があるかも知れないが、奇妙な明るさの中で、何が正義なのかがわからなくなってしまった政治、実態のない株などのわけのわからない金融によってリードされる経済、そして命や人権の大切さを説きながら、不当に老人や子供の虐待が増えている社会の捻じれなど、社会のあちこちで人間的なぬくもりや手触り感がなくなって、のっぺりしていて湿ったざらざらした感じ、そういう社会にわれわれは立たされていることを言い表している。

 以前だったら「閉塞感」や「重苦しさ」がこの日本を覆っているとでも表現されていたが、今、2016年の始めはそれらの感情の上にのしかかるような重石がかぶさる様に、何か恐怖に似た不安を伴った感情の中で、「グロテスク」とでも言いようのない状況の中に人々が置かれていることを示している。
 
 ひとつは、もちろんあの福島の現状がこのような状況を作り出している。大震災及び原発事故後5年たった今、福島以外でのあの時の感情はほぼ消え去った感がある。あの時はそれこそ日本全体に福島と自分の身を分けるような感情は少なかったように思う。被災者に対する同情を超えて連帯する気運が社会全体にみられたが、今は福島は福島という地理的条件に閉じ込められている。同情を超えた感情が同情に代わり、そうすることによっ福島は取り残される。オリンピックを控えて、福島を同情という心理的機制をとおして忘れ去るということである。日本全体に大きな衝撃を与えた福島の現状は、今の「グロテスクな日本」に関係がないとはいえない。

 第2は、日本全体を覆う新自由主義的な空気である。格差是正が与野党通じての課題だが、社会全体がますます効率を求める勢いは格差を広げるだけであり、教育の格差、所得の格差、業種間の格差はますます広がっている。日本の失業率はほとんど完全雇用の状態に近づきつつあるが、政府の掛け声にも関わらず、非正規の雇用が増えるだけである。非正規の雇用が増えるということは、労働の効率を高めるということであり、それがまた非正規雇用が増えるという関係にある。完全雇用が実現した暁には、非正規雇用が大部分を占めるといった笑えない事態が近づきつつあり、それがすべての格差の大きな要因であることは間違いない。

 福島の現状、新自由主義の浸透は、日本の危機を端的に表している。


ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 




posted by 阿Q at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。