2015年12月18日

イデオロギーについて




 イデオロギーというと、マルクス主義や国家社会主義を思い出すと同時に、現代の社会はそういったイデオロギーとは無縁だということが言われている。が、今われわれの生きている社会でイデオロギーは無縁なのだろうか。

 その格好な例をぼくは最近の医学や科学にみる。医学の場合であれば、健康志向に伴い、極端に言えば医者の言うことは何でも正しいということを一般の人々は思い込んでいる。風邪ひとつとってもそのメカニズムが解明されているわけでもないのに医者に行けば治ると信じている。また、前にも書いたことがあるが高血圧もそうだろう。ぼくなどの年代ではほとんどが、血圧の上限140を超えたら降圧剤を飲まなければならないことになっている。医者に行けば、血圧測定だけで、血圧が高い原因などは聞かれずに無条件に降圧剤を飲まされる。血圧が高いという結果だけに特化して原因の方を探ろうとしない医者と、それを頭から信じている患者。これがイデオロギーでなくてなんなのだろうか。

 科学の場合は、イデオロギーというのにはもう少し入り組んでいて複雑である。しかし、例えば原子力に対する神話・・・2011年の福島で崩壊してしまったはずだが、ここにきて再び原発の再開が認められる状況になりつつある。福島の事故は事前の対策が不十分だったから、というわけである。不十分だったのはその通りなのだが、原子力という「科学の最先端」に対する信頼=信仰(?)がなければ、あれだけの事故が起きて数年で再開するということにはならないだろう。原子力という人類がかって見たこともないようなものを「科学的にコントロール」出来るという信仰がなければ出来ない相談である。あの事故以来、原子力に対する内省をわれわれは手にしているのだろうか。そこには科学に対するイデオロギーといっても良いような盲目的な信頼があるだけである。

 科学に関してもう少しみると、最近ロボットの進化(?)に伴って人口知能の研究が盛んらしいが、びっくりしたことがある。もう何年かすると、介護ロボットはもちろん様々な労働の現場で人口知能を搭載したロボットが人間の職場を侵食するというニュースは珍しいものではないが、その人口知能が近々人間と同じような感情を持つこと、そして人間の能力を完全に上回るということを研究者は本気で考えているらしい、ということである。確かに戦争でさえも無人のドローンが爆弾を落とし、自動運転の車が街中を走るのはそう遠くないらしい。そういう意味では人工知能の進化もわからないではないが、人間の、社会から影響を受ける感情、歴史的な感情、性的なものからくる感情などは、現在の科学の持つ範囲をはるかに超えているのである。むしろそれらを排撃してきたものこそ科学ではなかったのか。

 これらの科学=テクノロジーは無限に進化するという確信を、研究者をはじめ多くの人が共有しているとぼくはみている。多くの人は科学の進歩に対して楽観的である、というか、楽観的なイデオロギーが浸透しているともいえる。例えば、人間の労働の半数近くがロボットに置き換わるとか、自動運転の車が普及するとかの話は、ますます人間がいらなくなるということを示している。人間はしぶといからそう簡単にロボットに置き換わるとは思えないが、考えてみたら楽観的に考えること自体を考え直す必要があると思う。

 ぼくが不安に思っているのは、このようなイデオロギーが浸透すればするほど、人文科学や社会科学に対する人々の関心が減少するということである。何ケ月前か、文科省が今後国立大学の自然科学以外の講座が少なくなるだろうといった意味の発言をしていたが、それは一つの現れである。国の制度がなくなるのは構わないが、科学を批判的に相対化する、つまりはイデオロギー化している「科学」を批判的に見る視点が社会からなくなることは、より大きなリスクを社会が背負わなくてはならないのでないか、とぼくは思う。 

ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 





posted by 阿Q at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。