2016年07月29日

撃つべき価値観




 ついに起こるべきことが日本で起きた。相模原の重度障害者への殺傷事件だ。

 ここ数年、幼児や高齢者などの弱者に対する虐待事件が目立つようになっていたが、ここにきて重度障害者という最も弱い者に対しての、虐待どころか残虐な殺害に至る事件が起きてしまった。その弱い者に対するあまりの”直接性”に慄然とするしかいいようがないが、一歩立ち止まってみると、一連の幼児虐待や高齢者虐待の延長にあることはすぐ了解は出来る。ただ了解は出来るが、感覚的というか生理的というか、何とも後味の悪い嫌な感じはどうしても残る。どうしてこんなことが出来るのか。歴史はいかに人間が残酷になれるか
を示しているが、この日本であっけらかんとしたどこにでもいるような青年がこのような残虐な事件を起こしたいうこと、それに驚く。

 ユダヤ人虐殺の実行者であるアイヒマンの裁判を傍聴したハンナ・アレントは、その平々凡々たるドイツ人将校であるアイヒマンが実はその平凡さゆえに史上最大の”悪”を行い得ることを、「悪の陳腐さ」「悪の凡庸さ」という言葉で表現した。今回の容疑者の表情や言動が断片的に伝わっているが、それを見る限り、実存的な動機や深淵な思想があるとは思われない。スポーツマン的であり、明るいどこにでもいるような青年のように見える。平凡な人間が大胆なことを実行したという意味でどこかアイヒマンに似ているような感じがぼくには見えるが、今回の容疑者である青年と史上最大の”悪”を実行したアイヒマンを重ね合わせることは飛躍しすぎであろうか。

 アイヒマンを連想したのは奇しくもナチスが20万人もの知的障害者を殺したことにある。独特な優生思想でユダヤ人を”劣等人種”であるとし600万人ものユダヤ人を虐殺したナチスはまた、知的障害者などを役立たない”人種”と見做したのである。つまり自分より劣等と見做した”人種”、また社会に役にたたない”人種”をすべて抹殺したのである。こうしたナチスの犯罪を担った実行者であるアイヒマンは、平凡な日常生活の延長でユダヤ人の抹殺を実行した。それが恐ろしい。平凡な人間が社会の表層的な思考に無批判的に従う時、誰でも巨大な悪に誰でも加担してしまうのだ。「悪の陳腐さ」「悪の凡庸さ」とはそういうことである。

 今回の容疑者は、たった40分間の間に40人もの人を襲ったようだが、その手口はまるでルーチンの仕事のようである。生身の一人の人間がたとえ深夜だとしてもわずか40分のうちに生身の人間を、19人もの人を殺すことが出来るとは到底思われない。まるでスポーツのように軽やかに殺したとは思いたくないが、あまりの手際の良さに、恐らくこの容疑者は相手を人間ではなく、転がっている材木のようにしか思っていなかったのではないか。

 知らず知らずのうちに、知的障害者が劣等だという思考、人間とは見なさない思考は、それほど突飛な思考とは思えない。われわれの身の回りを考えてみれば、例えば人間を序列化する思考があふれており、その最底辺に知的障碍者がいる。そういう思考にとって、知的障碍者は人間ではないのである。今回の容疑者は、恐らく現代社会の表層的な思考・・・人間の価値を役に立つか立たないかで判断する、その中心は経済的価値である・・・に意識的か無意識的か、に従っているのだろう。それは決して今回の容疑者に限っているわけではな
く、今の日本の主導的な価値である。とてつもない壁だが、撃つべきはこの価値観である。

ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 



posted by 阿Q at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。