2015年10月30日

トップセールス




 安倍首相が最近の外遊時に「今はトップセールスの時代だ」とインタビューに答えていたことが印象に残っている。確かに中国の周近平国家主席なども、外遊時に何百人の経済人を引き連れてトップセールスを盛んに行っていることは周知の事実だが、成熟した先進国である日本の首相がこういう言葉を吐くと若干違和感を禁じ得ない。

 何もトップセールスが悪いわけではないが、国会をないがしろにして「トップセールス」と言われても、「政治」に対して日本という国は何を考えているのかということを思ってしまうのは私だけであろうか。これに関して半世紀も前の池田首相が欧州を訪問したとき、確かフランスだったと思うが、「トランジスターのセールスマン」と揶揄されたことを思い出した。高度成長期の日本のトップを欧州がどう見ていたかが伺えて興味深いものがあるが、恐らく安倍首相の言葉はそれを自らが肯定し、混乱の続く世界に対して自国の「経済」しか興味がないことを示したことになる。それ以上に、恥かしげもなく「セールス」と言ってしまうことに、安倍政権のあるいは日本という国の<貧しさ>を思う。
 
 「経済」が大事ではないということではない。食うや食わずの人が世界中で何億もいるという現実で「経済」を考えない国家などは非現実であろう。だが自国の「経済」だけが潤うというのもこれまた非現実である。グローバルな世界の中で相互に依存しあう構造にあっては、一方的な「セールス」は帝国主義的な新たな支配が生まれるだけである。こうした「セールス」に対して安倍政権及び日本全体がどこまで自覚的か疑問だが、今のところ報道する方もそういう問題意識はなさそうである。「セールス」は原発であろうが、新幹線であろうが、結局は売上が上がって自国の経済が潤えばいいじゃないかと。

 阿部首相が世界に目を向けることに反対はしない。日本のマスコミも同じであろう。しかし、世界は会社でいう「顧客」あるいは「消費者」とは違う。歴史が違い、宗教が違い、イデオロギーが違い、地政学的な位置づけも違う世界は、単純に「顧客」や「消費者」とは違う。もちろんそんなことは百も承知で「セールス」という言葉を使っているのかも知れないが、いつのまにかわれわれは、外交の場で「セールス」という言葉に慣らされることによって、世界が「消費者」や「顧客」と同じような一義的で・・・それはつまり世界を平板な見方からしか見ないことにつながらないだろうか。世界が混乱しつつある中で、「セールス」などの「経済」の言葉や行動で世界が動くと考えることは、あまりに楽観的である。

ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 





 
posted by 阿Q at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。