2015年09月30日

誰のための阿倍政権




 安保法制も予想通り強行採決で終わり、世の中一段落のような感じがしてならない。NHKさえも盛んに報道していたマスコミは政府に合わせるようにほとんどもう終わったという報道に変わってきている。決して何も終わったわけではないのに。

 どこかで何度も見た風景である。どこかで見た風景・・・そう原発である。誰かが叫んだ「under control」、まさに終わった後に完全にコントロールされている、つまり問題は一段落である。次はオリンピックであり、安保法制の次は経済というわけである。安倍政権の政策の打ち出し方は、かなり戦略的である。政策が行き詰ったり、多くの人の反対にあうと次から次に新しい政策を打ち出して目を眩ませる。よく考えないと術中に嵌ってしまうのだが、マスコミなどはそのリズムが合うのか、嵌りの典型である。もちろん安倍首相の計算の一部であるのは確かなようである。 笑ってしまうのは、アベノミクス「新3本の矢」である。現在の「3本の矢」の検証も、いや検証の前に実行もされていないのに、「新3本の矢」である。それを堂々と打ち出してくるところに、安倍政権の傲慢さが透けてみえる。

 ただ今回は一段落では済まないだろう。これから安保法制が施行されると、実際に死者が出るからだ。すぐ死者が出るわけではないが、死者が出た時に日本の世論はどう動くだろうか。おそらく安倍政権は、死者をダシにしてナショナリズムを煽る戦略に出るだろう。安倍政権はそこまで考えている、と思う。そうでなければ、安保法制が採決されたばかりで、あれだけもめた国会での採決の後で、大々的に得意げに「次は経済」「一億総活躍社会」とまでいえないだろう。

 要するに、国民は舐められているとしか思えない。学者や元最高裁判事さえも無視する安倍政権だから国民が舐められても仕方がないが、国民までもを恐れずに、一体安倍政権は誰のために何のために統治しているのだろうか。
 
ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 





posted by 阿Q at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。