2015年04月28日

阿倍首相の訪米の意味




安倍首相が鳴り物入り(?)で米国を訪問している。国賓級の待遇だとか日本の首相で初めて上下院で演説するとか政府の広報活動もしっかりマスコミで報道されている。この時期、連休中の政治家の外遊は珍しくないが、今回の安倍首相の訪問は、日本国内の安保法制の国会での承認に向けての議論と相まって、歴史的な日米同盟の強化を印象づけるものである。

 歴史的というのは、安保法制の議論を通じて自衛隊が通常の軍隊として米軍と連携する可能性がどうやら明らかになりつつあるからだ。つまり軍事同盟的な日米同盟がはっきりと見えてきたことである。今まで経済が主力の同盟だったものが、自衛隊を米軍の傘下に置くことで世界に日米の軍事同盟という姿を見せつけることになるからである。

 報道をみると安倍首相の今回の訪問が、この軍事同盟的な側面を確認することにあることはあまり強調されていない。安保法制の与党間議論の安倍首相訪米に合わせているタイミング、その内容は、国際政治に詳しくない人にもそれは簡単に類推できるのに、なぜ報道がその側面を見ようとしないのかわからない。戦後の日米同盟の延長でその結束の強さを強調しているだけのように見えるのである。

 一方で、中国のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に代表される、いわばアジアを支配下に置く帝国主義的な活動が動きだした。恐らく今回の安倍訪米はこの動きに対する牽制の意味もあるのだろう。日米の結束の強さを強調することで、中国に対して国際政治での主導権を渡すまいという意志を、特に日本側に感じる。

 要するに、今回の安倍訪米はある意味、東アジアにおける日米vs.中国の巨大な国家のぶつかり合いの始まりと考えることが出来るだろう。華やかな訪問のセレモニーの裏に冷徹な国家の論理が隠れていることを見逃してはなるまい。
 

tyle="color:#FF0000;">ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 




 
posted by 阿Q at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。