2015年01月11日

内向き




お正月もあっという間に過ぎてしまったが、いつものことだがTVは結構見た。正確にいうと見ることは見たのだが、見るに値する番組は少なかったというべきだろうか。もちろん、TVにそれほど期待をしているわけではないが、毎年、年を追うごとに番組の質が低下しているように思う。今年はあえて言うと”ひどかった”。

 ひどかったというのは、印象的にますますTVが内向きになったということである。それなりに外国のニュースもあったし外国を訪問する番組もあったが、”日本”にべったりへばりついて、日本や外国を相対化する視点が少ないということである。われわれが例えば外国に行って、その風景や人々のふるまいに感動したり、新鮮に感じるのは、日本を相対化できるからである。日本を絶対化する視点では単に珍しいものを見るに過ぎない。

 それでも、外国ものはそれなりに見せることはできる。単に珍しくとも、日本との差異があるからである。ひどいと思うのは、相変わらずの芸能人の出る正月番組である。ゲームあり、笑いありで時間つぶしには格好のものだが、少しも感動はしない。それは内輪だけの、いわばお座敷芸だからである。お座敷の狭い空間で芸能人やスポーツ選手が内輪だけの話で盛り上がっている風景は、気楽にみられるものの、少なくともわれわれの心を揺さぶるものではない。さらに感じるのは、内向きは別に芸能人の正月番組だけではない。普通の報道番組(今年の正月では少なかったが)やバラエティー番組でもあっても、意識的か無意識的か”日本”を相対的に見る視点が弱い感じがする。日本だけの見方で感じ方で番組が作られている印象を持った。

 それは日本だけのことではないだろうが、いつか見た風景である。バブルの時代である。典型的なものはバブル期の東京の地価でアメリカ全部が何回も買えるとか、日本の役所や会社の組織は世界一だとかの話、それは普通の日本人にとってはバカげた話だが、当時それほど違和感なく報道された。さすがに今の日本では考えられないことだが、それに似ている。日本人が再度自信を持ったということだろうが、最近は奇妙なことだが、自信と不安・・・少子化や高齢化、自然災害に対する不安などが同居していることである。内に対する不安が外に対する虚勢として表れ、それが内向きに拍車をかける。いわばやせがまんで、それが客観的な視線を遮るのである。

 いずれにせよ、正月のTV番組の内向きは、安倍内閣のスローガン「輝ける日本」と正確に見合っている。多くの課題/難題を無理やりないことにして、株価の上昇やオリンピックに目を向けさせる。それが「輝ける日本」の内実である。 

tyle="color:#FF0000;">ちょっとでもなるほどと思ったら、クリックをちょこっと。
       
blogram投票ボタン

人気ブロ

グランキングへ 



posted by 阿Q at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。